[ TOP | QRコードとは | 携帯サイトとは | システム概要 | リンク | お問い合わせ ]
QRコードってどうやって使うの?
 

最近、雑誌や広告などでよく見かけるようになってきましたが、QRコードとは、右側の絵のようなマークのことで、バーコードの一種です。

最近のカメラ付き携帯電話機には、「バーコード読み取り機能」がついています。

右のサンプル画像を携帯電話のバーコード読み取り機能を使ってパチリと写してやると、

http://www.vegefulfarm.com/

携帯電話で
読み込んで
みてください

 

というホームページアドレスが携帯電話に表示されます。さらにボタンを押していけば、携帯電話でこのホームページにアクセスできます。

同じことをQRコードを使わないでやろうとしたら、どうでしょう。

上に書いてあるアドレスを、携帯電話のボタンから入力しないといけません。

面倒なアドレス入力の手間が要らない

それがQRコードの最も便利な使い方なのです。

 

そもそもQRコードとは?
 

QRコードとは、二次元バーコードの一種です。

「バーコード」と言えばいろいろな商品についている縦線のものは有名ですね。あれは、一次元のバーコードです。太い線や細い線が横方向に何本も並んで情報を表しているので、横方向だけ、つまり「一次元」なのです。

一方、このQRコードは横方向だけでなく、縦方向でも情報を表しているので、「二次元」バーコードなのです。

ふつうのバーコードには下に何桁かの数字が書いてありますよね。バーコードの中には、ただ単にあの数字が埋め込まれているのです。内容は全く同じです。人間は下の数字を読めば、機械はバーコードを読めば、同じ情報を手に入れられる、というふうになっているのです。

このようにふつうのバーコードは主に「数字」だけを表していますが、QRコードには数字だけでなく「文字」も入れられます。入れようと思えば、英数字だけでなく、ひらがなカタカナ漢字でも入れられますし、文字数も数千文字まで入れることができます。「二次元」になったことで、埋め込める情報量がぐっと増えたのです。

※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。【ISO規格(IEC18004)、JIS規格(JIS X 0510)】

 

Copyright(C) SEIKO Co.Ltd. All Rights Reserved.